Blog&column
ブログ・コラム

運転における休憩の重要性

query_builder 2022/01/21
コラム
14
運転における休憩の重要性をご存じでしょうか?
特に仕事で長時間の運転が必要となれば、必ず定期的に休憩を取る必要があります。
今回は、運転における休憩についてお話しします。

▼休憩の重要性
長時間の運転では休憩を定期的に取らなければ、事故のリスクや体の不調にもつながる可能性があります。

■事故のリスク
運転する際、人が集中できる時間には限りがあります。
そのため、集中力を欠いた状態で運転をすると判断力や注意力の低下を招きます。
交通事故は命の危険性も考えられるため、休憩の重要性は高いといえるでしょう。

■体の不調
車はたくさんの注意を払って、運転をする必要があります。
思った以上に、神経を張り詰めているものです。
長時間の運転では、体力の面とは違ったところで疲れがたまります。
それにより、集中力の低下にもつながりますし、居眠り運転なども引き起こす可能性も。
また長時間同じ体制のため、エコノミー症候群になる危険性もあります。

▼休憩の目安
運転する際の休憩の目安としては、4時間おきに30分の休憩が必要です。
分割して休憩する場合でも、1回につき10分以上の休憩が必要となります。
また、高速道路を運転する場合は、2時間で10分以上の休憩を取らなければなりません。
時間はあくまで目安なため、運転していて肩こりや疲れを感じたり、あくびの頻度が多くなったらすぐに休憩をするようにしましょう。

▼まとめ
軽貨物の仕事は、運転をして荷物を届ける事がメインの仕事となります。
仕事については興味があるけど、運転は少し不安という方でも、安全に運転をするための知識についても詳しくお教えいたします。
少しでも興味があるようでしたら、ぜひ軽貨物のお仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • ブログを開始いたします。

    query_builder 2021/12/15
  • 運送業の働きやすい職場環境とは

    query_builder 2022/05/15
  • 仕事のモチベーションを上げるには

    query_builder 2022/05/08
  • 運送業の種類について

    query_builder 2022/05/01
  • 「一般貨物自動車運送事業」とは

    query_builder 2022/04/22

CATEGORY

ARCHIVE