Blog&column
ブログ・コラム

安全運転するためにドライバーが気を付けていること

query_builder 2022/04/15
コラム
27
依頼された荷物を無事に届けるには、安全運転が欠かせません。
安全に配送するために、ドライバーはどのようなことに気を付けて運転しているのでしょうか。
今回は、安全運転するためにドライバーが気を付けていることについて説明します。

▼安全運転するために気を付けること
安全に業務を行うために、ドライバーが気を付けているのは下記のようなことです。

・健康管理
・適度に休憩を取る
・スピードを出さない
・車間距離を保つ
・日常的な車両点検を行う
など

ドライバーは連続して運転できる時間が定まっており、4時間ごとに30分以上の休憩が必要です。
また日々安全に業務を行うために、運転中だけでなく車両の整備にも気を配ります。
トラックなどの車両は、日常点検が義務付けられているのです。
具体的には「タイヤに破損や亀裂箇所が無いか」「ブレーキは正常に作動するか」といった確認を行います。

■健康管理
安全に運転するためには、ドライバーの健康状態が大切なポイントです。
体調が悪いと不注意や判断ミスが起きやすく、思わぬ事故に繋がってしまいます。
そのため転管理者がしっかり健康チェックを行い、体調が優れないドライバーは乗務中止などを判断する必要があるのです。

▼まとめ
安全に運転を行うためには、車両の日常的な点検やドライバーの健康管理が大切です。
荷物を安全に届けるられるよう、体調管理や適度な休息を取るように心掛けましょう。
弊社ではドライバー求人を行っており、未経験の方でも安心して就業していただけるよう万全のサポートを整えております。
「車の運転が好き」「やりがいのある仕事がしたい」という方は、ぜひご応募ください。

NEW

  • ブログを開始いたします。

    query_builder 2021/12/15
  • 軽貨物輸送の仕事に向いているのはどんな人?

    query_builder 2022/11/15
  • 女性に向いている職種は何?

    query_builder 2022/11/01
  • ライフスタイルに合った働き方をするには?

    query_builder 2022/10/15
  • トラックドライバーの仕事の歩合について

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE