Blog&column
ブログ・コラム

運送業の働きやすい職場環境とは

query_builder 2022/05/15
コラム
31
運送業と聞くと「長時間労働」「肉体労働」「きつい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
運送業では働き方改革が進められており、より働きやすい職場環境となるよう見直しが行われています。
今回は、運送業において働きやすい職場環境について解説していきますね。

▼運送業で働きやすい環境
運送業のドライバーが「きつそう」と思われる原因としては、長時間労働が挙げられます。
ドライバーの1日の労働時間や休憩時間については、労働基準法が改訂されているのです。

■労働時間
ドライバーの1日の労働時間を「拘束時間」と呼び、拘束時間には運転時間や休憩時間・雑務等が含まれます。
1日の拘束時間は13時間と定められており、延長する場合でも最大16時間までです。
延長する場合は「1週間に15時間を超える拘束は2日まで」という規定が設けられています。
取引先で荷下ろしの際に待ち時間が発生する場合がありますが、この待ち時間も拘束時間に含まれるのです。

■休日
休日についても明確な規定が定められており、4週間に4日以上の休日があります。

■運転時間
2日に運転できる時間が18時間以内という規定が設けられており、8時間運転した次の日に運転できるのは10時間以内です。

▼まとめ
運送業では働き方改革が進められており、ドライバーは働きやすい環境に変わってきています。
また労働時間や休憩時間・休日・運転時間など、明確な規定が定められているのです。
新たな取り組みも導入されてきていますので、さらに働きやすい環境が整うことでしょう。
弊社では運送業経験者はもちろん、未経験者でも働きやすい環境を整えております。
配送業の求人をお探しの方は、ぜひご応募ください。

NEW

  • ブログを開始いたします。

    query_builder 2021/12/15
  • 軽貨物輸送の仕事に向いているのはどんな人?

    query_builder 2022/11/15
  • 女性に向いている職種は何?

    query_builder 2022/11/01
  • ライフスタイルに合った働き方をするには?

    query_builder 2022/10/15
  • トラックドライバーの仕事の歩合について

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE